製品紹介

安全柵 ~工場・生産現場での安全管理に~

高い付加価値を備えた次世代の安全柵が生産現場の多様なニーズにお応えします。

セキスイ安全柵は、守る・仕切る・遮るといった従来の機能に新たな付加価値を加えることで、お客様の多様なニーズにお応えする新時代の安全柵です。
高い視認性・防音性を備えたタイプや、利便性の高いホワイトボードやミラータイプなど、今までにないパネルラインアップで、生産現場の安全・安心・快適をより高いレベルで実現します。

  • 危険箇所の立入り防止柵として
  • ロボット周辺における立入り防止柵として
  • 切断・研磨工程など粉塵の飛散対策に
  • コンプレッサーや切断工程など騒音抑制柵として
  •  

    4つの特長

    1.取り扱いやすい軽量設計
    2.ボルト固定式の簡単組立
    3.用途によって選べる多彩なパネル
    4.組み替え・組み合わせ自在レイアウトフリー

    アルミ枠パネルラインアップ

    設置場所や用途に合わせて組み合わせは自由自在。

    メッシュタイプ

    透明タイプ

    複合板タイプ

    防音タイプ

    30メッシュを使用し、

    視認性・通気性に

    優れ、高強度

    透過性の高い

    シンプルな

    デザイン。

    目隠し用途や

    粉塵等の

    飛散対策に。

    複合板タイプには、機能パネル(ホワイトボード・ミラー)もあります。

    現場作業の騒音

    をシャットアウト。

    安全柵・アルミ枠ラインアップ

    ・透明タイプ:遮音、内部の安全確認に

    ・複合板タイプ: ホワイトボード仕様/5S活動(安全活動板)に   ミラー仕様/5S活動(服装確認)に

    ・防音タイプ:防音による作業環境改善に


    周辺部品

    溶接不要のシンプル&簡単なパネル連結

    利便性・安全性を追求し、様々なパーツを取り揃えております。

    溶接不要のシンプル&簡単なパネル連結

    仕様

    メッシュタイプ

    透明タイプ

    特長

    安全柵・メッシュタイプ

    特長

    安全柵・透明タイプ

    30メッシュを使用。
    視認性・通気性に優れ、高強度です。

    透過性の高いシンプルなデザイン。
    お客様のニーズに合わせて透明板をお選びいただけます。
    PET板(3mm標準)

    用途

    用途

    汎用安全柵用途

    ●汎用安全柵用途
    ●柵内部が見通せる必要エリア
    ●内部より飛散等がある用途
    別途ポリカ仕様もございます。

    複合板タイプ

    特長

    安全柵・複合板タイプ

    工場での姿見・安全確認用途など

    鏡面(ミラー)仕様、ホワイトボード仕様

    特長ある複合板仕様
    ●カラー複合板(8色)
    白、アイボリー、ブロンズ他
    ・目隠し用途
    ・粉塵等飛散対策用途

    鏡面(ミラー)仕様        受注生産品


    ステンレスと樹脂の複合パネルを使用。
    ステンレスに比べ軽く、ガラスのように割れる心配がありません。
    特殊ステンレス箔仕様で、磁石も取り付け可能です。

    用途

    現場での注意喚起や工程見える化など

    ●目隠し、飛散等がある用途
    ●掲示板用途


    別途不燃板仕様もございます。

    ホワイトボード仕様       受注生産品

    表面にホワイトボード仕様の鋼鈑と樹脂の複合パネルを使用。
    工場内での見える化アイテムとしてご活用いただけます。

    防虫タイプ

    防眩タイプ

    特長

    安全柵・防虫タイプ

    特長

    安全柵・防眩タイプ

    防虫効果のあるPET樹脂を使用。
    昆虫の可視光領域の波長をカットすることで、光に集まる性質を持つ昆虫の飛来を大幅にカットします。
    PET板(5mm標準)

    アーク溶接加工現場等、紫外線防眩効果とスパッター飛散防止に効果のあるブロンズ色ポリカーボネート板で現場周辺環境を改善します。
    ポリカ板(5mm標準)

    用途

    用途

    ●食品、医薬品、フィルム等防虫対策用途

    ●金属アーク溶接加工現場用途
    ●透過性を維持しながら日光等の防眩対策が必要な現場用途

     

    防音タイプ                                                        受注生産品

    特長

    安全柵・防音タイプ

    構造図

    防音構造

    防音性能を有した、騒音対策用パネル。
    機械騒音現場を囲み騒音を低減し、現場環境を改善します。

    安全柵・防音タイプ構造図

    遮音面にはセキスイ独自の技術で開発したプラメタル(アルミ樹脂積層複合板)を使用し、吸音材との組み合わせにより防音性能を高めています。
    また、吸音面にはパンチングメタルを採用。
    パンチングの開口部から入る音を多孔質樹脂によって音のエネルギーから熱エネルギーに変えることで、騒音を低減します。
    ※プラメタルは積水樹脂プラメタル(株)の製品です。

    用途

    ●機械騒音、金属加工現場、ブロワー設置現場の騒音対策用途

    安全柵防音タイプの防音構造

     

    作業環境上の基準(作業者への保護)


    騒音レベル

    管理区分

    対策の状況


    A測定平均値

    85dB(A)未満

    第Ⅰ管理区分

    作業環境の継続的維持


    85dB(A)以上
    90dB(A)未満

    第Ⅱ管理区分

    当該場所の標識による明示
    作業改善(第Ⅰ管理区分になるよう努める)
    必要に応じ保護具(耳栓)着用

    騒音健康診断

    が必要

    (行政指導)

    90dB(A)以上

    第Ⅲ管理区分

    当該場所の標識による明示、及び保護具使用の掲示
    作業改善(第Ⅰ、第Ⅱ管理区分になるよう努める)
    保護具(耳栓)着用

     出典:労務安全情報センター(騒音障害防止のためのガイドライン)

     


    音響透過損失試験データ

    ●方法…『残響室1』と『残響室2』の間に防音タイプを設置し、音響透過損失を測定。

    残響室

    音響透過損失を測定。

    設置効果測定場所

    残響室1

    残響室2

    設置効果測定場所
    積水樹脂(株)滋賀工場

    音響試験棟


    ●結果…仮設工業会の定める、音響透過損失基準500Hz:18dB以上、1,000Hz:23dB以上の数値を満たしている結果です。

    ■音響透過損失試験結果

    ■残響室法吸音率

    ■音響透過損失試験結果■残響室法吸音率

    JIS A 1416(1994)「 実験室における音響透過損失測定方法」

    JIS A 1409(1988)「 残響室法吸音率の測定方法」


    部材構成例

    コの字型設置

    コの字型設置

    Lの字型設置

    安全柵・Lの字型設置

    Iの字型設置

    安全柵・Iの字型設置



    組立部品

    安全柵の組立部品

     

    扉バリエーション

    片開きタイプ 最大開口幅:1000mm

    片開きタイプ 最大開口幅:1000mm

    両開きタイプ 最大開口幅:2000mm

    両開きタイプ 最大開口幅:2000mm


    スライドタイプ 最大開口幅:875mm

    スライドタイプ 最大開口幅:875mm

    施工例

    動画

    安全柵・防音タイプ・音響性能確認試験

    資料ダウンロード

    PDF