製品紹介

りんご用発泡スチロール函(アイスボックス)専用封緘機 セキスイ・ワークメイト83AP

・ リンゴ用発泡スチロール箱 、アイスボックス(5kg・10kg)専用の封緘機
・ 従来機を大幅モデルチェンジ。確実、安定した封緘を可能にしました
・ 安全カバーや各種警報装置を標準装備
・ 軽量、コンパクト。キャスター付で移設もラクラク
・ 盛り上がり対策として位置決め用ストッパーを取り付け

青森県のリンゴの梱包には発泡スチロールケース(アイスボックス)が使用されています。
当社従来品(CA450)は、15kg・10kg専用で5kgには対応しておりませんでした。

そこで、中~小ユーザー様を対象に、CA450をベースに5kg対応を可能にし、また、構造の見直し、簡単な操作、安定したシール性を有し、かつ購入しやすい価格帯の製品としたのがセキスイ・ワークメイト83APです。

(大規模ユーザー様向けの商品としてはライン組み込み型のワークメイト82APをご用意しております)

テープの貼り付けは回転一周巻き

  • 従来機を大幅にモデルチェンジし、確実・安定した動作・封緘が可能
    ・回転速度をきめ細かく制御することで、テープのシール性の向上と耐久性の向上をはかりました。
  • アイスボックスの供給・排出を簡単・容易
    ・入口部にボールキャスターを採用。アイスボックスの位置決めを楽にし、サイドガイドのコロコンに押し当てる事で、回転台への供給が楽に行えます。
    ・回転台にはローラを設置、軽く供給出来るようにし、スライド式ストッパーで貼り付け時の位置決めも簡単です。
    ・排出は、次のアイスボックスを供給すると、シールし終えたアイスボックスを押し出す機構を採用しています。
  • サイズ調整、テープ貼り付け高さの設定も簡単
    ・アイスボックスの総高さ(本体+蓋厚)の違いは、蓋押さえ用エアシリンダのストロークで吸収。調整不要としました。
    ・シール高さの変更は、押しボタン寸動によるモーター駆動方式を採用。昇降速度を50mm/secの高速とし、高さの上限・下限の変更は、約2秒位(100mm)と短い時間で変更できます。
    また、シール高さが2種類の場合は、上限・下限の停止用光電スイッチの位置変更で、簡易プリセット方式にもできます。
  • 盛り上がり対策
    ・盛り上がったアイスボックスでも、入口部サイドガイド及びフタ位置決め用ストッパーでフタの位置調整をしやすくし、フタのズレの修正・位置あわせが簡単にできます。
    ・フタ押さえ用エアシリンダは、フタを確実に押さえる力のあるエアシリンダを採用しています。
  • 軽量、コンパクト、キャスター付きで移設も簡単
    ・機械長さ、テーブル高さはCA450と同一寸法です。設備更新による入れ替えも、コンベア移設等の手間はかかりません。
  ワークメイト83AP
処理可能サイズ
発泡スチロール本体
蓋の厚み
総高さ(本体+蓋)
発泡スチロール函(アイスボックス) 10kg・5kg対応限定
L:480mm  W:410mm~220mm h:110~220mm
t:20~75mm
h:130~295mm
サイズ調整 幅及び長さ:固定
 シール面高さ:押しボタン寸動によるモーター駆動(50mm/sec)
総高さH:なし(蓋厚差55mmなので、蓋押さえシリンダーのストロークで吸収)
蓋合わせ:入り口部サイドガイド+位置決めストッパー 
処理能力 最大8ケース/分(供給排出の時間は含みません)
使用テープ 幅50または38mm
長さ500または1000m(外径最大330mm)
機械サイズ L:1,230mm W:1,210mm H:1,360mm
電源容量 AC200V 50/60Hz 1.4KVA
消費電力 0.8kw/0.6kw  50/60Hz時
空気源 0.5Mpa  100nl/分
機械重量 約340kg

資料ダウンロード

PDF

お問い合わせ

右のバナーをクリックして下さい